小口径管推進工法

製品紹介

SR-T01

SR-T01

小口径低耐荷力 取付推進機
発進幅(90cm)から発進可能なスピーダー工法

概 要
Line
 スピーダー工法SR-T01型は、開削工事に伴う開削溝を発進坑として活用し、各住宅地内の汚水枡等に取付管推進を行うため、道路を掘り起こすことなく合理的に施工できる推進機です。又、本管との接合を行う場合、本管取付部の仕上げ確認が従来の開削工法と同じ様にでき、信頼性の高い施工ができます。
 SR-T01型は、開削溝内推進機本体を計画勾配に設置し、 先頭カッターにてオーガ掘削を行い、スクリューロッドにて土砂を発進坑に排土しながら敷設する一工程オーガ掘削方式のため、高精度を要しない取付管施工を基本とし、 N値 0〜20程度の軟弱土・砂質土・粘性土・礫混じり土など幅広い土質対応ができ、管径φ100mm〜φ150mmの塩ビ管を最大5m〜6mの推進が可能です。


Top SR-50s SR-18s Sモール1500 SR-30FT PAS
システム
SR-T01

Main Menu