小口径管推進工法
製品紹介

■仕様

分類・方式

低耐荷力圧入方式

適用管種

管径・管長

塩ビ管(JSWAS K-6

鋼管

スパイラル継手付直                  VPφ150~φ250×管長L=800

SGPφ150~φ250×管長L=800

システム

施工方法

リード管推進時

圧入・無排土

位置検出方法

トランシット計測

方向修正方式

土圧アンバランス

埋設管推進時

オーガ掘削・スクリュー排土

推進距離

Max70m(土質・N値による)

適用土質

土の種類

粘土・シルト・砂質土・礫混じり土

礫混入率

2030%以下

最大礫径

管内径1/3以下、インナーチューブ使用時はインナーチューブ内径1/4以下

N

0N30

水頭差

2m以下(P20N/2

発進立坑

鋼矢板(内寸)

1,500㎜×1,500

ライナープレート

1,500

到達立坑

人孔

φ750㎜(0号)以上

矢板・ライナープレート

900㎜×900㎜(φ900㎜)以上

推進勾配

下角~上角

±50

推進装置

フィードストローク

1,000

推  進

ジャッキ

推進力

294N30tf)

推進速度

1,140/min

メインジャッキストローク

650

サブジャッキストローク

350

回転装置

回転軸トルク

2,940N・m(300㎏f・m)

回転数

032r.p.m

長さ×幅×高さ

1,114㎜×950㎜×1,351

重量

1,170

油圧ユニット

最大油圧力

推進側 32Mpa

回転側 45Mpa

吐出量

推進側 13/min

回転側 18.8/min

長さ×幅×高さ

1,600㎜×800㎜×1,300

重量

1,300

適用発電機

45KVA以上

先導体

スピーダーヘッド

先頭カッター

No.1カッター

操作方法

立坑内での手動操作

※ SR-30Kの積算における機械器具損料及び日進量などはSR-30FT 800mm管仕様と同等とみなしております。

 

Top SR-30K SR-30KM SR-30FT SR-18s SR-50s Sモール1500 PASシステム SR-T01 SR-T02 濁水処理装置きよみずくん 特殊凝集剤ハイパー・フロックN・Y型
main menu